根拠をもってビジネスを動かすための基礎ツール

HubSpot(ハブスポット)とは、根拠をもってビジネスを動かしていくための基礎となるツールです。根拠となるデータさえあれば失敗は成功への糧ですが、ただただ突っ走る施策では失敗を次に活かすことはできません。

ここでは、具体的にHubSpotでどんなことができるのか、HubSpotを活用することでどんなメリットがあるのかをお伝えしていきます。

なぜHubSpotが必要なのか?

顧客ビジネスは、大別すると以下のような流れになります。

ビジネスフロー解釈図ビジネスフロー解釈図

  1. (未認知層)貴社で個人情報が全くわからない段階
  2. (見込み客)メールアドレスなど何かしらの個人情報を取得しており、商談が行える段階
  3. (取引顧客)一回以上の取引実績があり、手厚いフォローにより満足度を高めてもらう段階
  4. (貴社のファン)貴社のことを他人に推薦してくれるほど満足しており、良好な関係性で追加の商談も行える段階

それぞれの段階をつなぐのが、マーケティング・営業・カスタマーサービス。つまり、それぞれは「顧客ビジネス」という一貫した流れのひとつであり、分断され部分最適化されるのでは意味がないということです。

HubSpotはMA・SFA・CSいずれの機能も有しているため、いずれの段階にいるターゲットでもスムーズに対応することができ、ビジネスが分断されることがありません。

HubSpot CRMとは?(※無料)

CRMは「カスタマー・リレーションシップ・マネジメント」の略で、日本語では顧客関係管理と呼ばれます。少しわかりづらいですが、要するに、顧客情報を管理するためのツール、顧客名簿です。
顧客情報をここですべて管理し、いつでもアクセスできるようにすることで、顧客対応をスムーズにし、より良好な関係を築くことを目的としています。

https://www.plea-mm.com/wp/wp-content/uploads/2022/06/fukidashi_guts.png
ぷれあ

HubSpotのCRM機能は、完全無料で利用することができます。エクセル管理に不便を感じているなら、ぜひ一度お試しください。
お問合せはこちら  >

Marketing Hubとは?

一般的に「MAツール」と呼ばれるツールと同じような働きをします。MAは「マーケティング・オートメーション」の略で、新規顧客開拓や見込み客育成などのマーケティング活動をサポートするツールのことです。
マーケティングオートメーションという名前から、マーケティングを自動化するのが主な役割と捉えられがちですが、それよりも「今まで見えなかったユーザー行動を可視化し、個々にあった対応を可能にする」ことこそがMAの本質だと私たちは考えています。

Sales Hubとは?

一般的に「SFAツール」と呼ばれるツールと同じような働きをします。SFAは「セールス・フォース・オートメーション」の略で、営業支援ツールのことです。
電話やメールの自動記録、見積書の作成・承認、商談の進捗管理など営業活動を楽にする機能が詰まったツールです。属人的になりがちな営業プロセスを可視化することで、良し悪しの振り返りも容易にするため、営業の再現性が高められるというメリットもあります。

Service Hubとは?

一般的に「CSツール」と呼ばれるツールと同じような働きをします。CSとは「カスタマー・サクセス(あるいはカスタマー・サービス)」のことで、すでに取引のある顧客に対するサービスを指します。
顧客からの問合せ対応をスムーズにするチーム連携機能や、問合せをする前に顧客が自分で解決できるよう促すFAQサイトの作成機能などが含まれます。CSに対する満足度調査も行えるため、サービスの質を向上させるのにも役立ちます。

マーケティング屋がHubSpot導入支援をする理由

私たちは、創業から約20年間、webマーケティングを通じて顧客の事業成長に貢献してきました。つまり、私たちはもとからHubSpot屋さんではありません。

ではなぜ、私たちがHubSpotの代理店事業に踏み切ったのか。

それは、消費行動の多様化やインターネットの発達によりユーザー行動が複雑化し、「長年の勘」「ユーザーの気持ちになって考える」だけでは成果を出すのが難しくなってきたからです。

webサイトにHubSpotを導入すると、以下のようなことが可能になります。

  • ユーザーが、いつ何回サイトに訪問し、何のページを閲覧したかを知る
  • 送信したメルマガの中で、何のリンクをクリックしたかを知る
  • 上記のようなユーザー行動をスコアリングすることで、熱が高まったのを点数で確認する
  • ユーザー行動を分析し、ユーザーが欲している情報を個別に提供する

多様化するユーザー行動に惑わされず一人ひとりに向き合うことで、4Rを意識したマーケティング活動ができるようになるというわけです。

ツールの導入はあくまでも手段

私たちの本業は、HubSpot屋さんではなくマーケティング屋さんなので、ツールの導入だけで終わらせることはありません。

ツールを使用するのは、あくまでマーケティングに必要なデータを集め、自動化して工数を削減するため。私たちの導入支援は、「なんのためにツールが必要なのか」の定義から始まります。

マーケティング屋にHubSpot導入支援をご依頼いただく理由はここにあるのです。

HubSpot本部と連携し、活用をサポート

2022年3月にHubSpot正規代理店登録が完了したプレアは、HubSpotの細かい使用方法をすべて把握しているとは言えません。また、マーケティングに特化したweb制作会社であるため、Marketing Hub(マーケティング・オートメーション)以外のHubSpot機能については、まだまだ知識不足の面が否めません。

ですが、ご安心ください。

プレアからHubSpotをご契約いただくお客様にも、本部からの直接申し込みと同じく本部のサポート担当が付きます。また、HubSpot管理画面の右下にはヘルプボタンが用意されており、チャットもしくはメールで質問することが可能です。

(HubSpotのカスタマーサポートは本当に対応が良く、いつも感心させられています)

HubSpot管理画面キャプチャ

その他にも、HubSpot本部のスタッフと連携した活用提案を行う体制を取るなど、徹底したチーム体制でお客様をサポートしていきますので、本部との直接契約との違いは、相談窓口がひとつ増える(ラッキー♪)だけだと思っていただいて構いません。

TOP
お問合せ 資料DL