電話のアイコン 0120-315-886
メニューを表すアイコン
ホームぺージ制作の種

ドメインにキーワードを入れたほうがSEOに有利ってほんと?

最近、お客様とお話しするのが楽しくて仕方ないわたくし。

本日は、実際にあったご質問から一つブログを書いてみたいと思います(*´ω`*)

キーワードが入ったドメインのほうがSEOに有利なんですよね?

結論から言うと、

ほんの少しだけ有利だと思われます。

が、ユーザビリティを優先したほうがいいと思います。

というのが私の見解です。

SEOって、Googleさんの公式見解で発表されていること以外は、全て推測でしかないので、「見解」としか言えないのですが……。

実際に検索してみてチェック。

推測しかできないこんなとき。百聞は一見に如かず。論より証拠。

まずは「SEO やり方」で検索してみましょう(´・ω・`)

結果、検索上位10件中、ドメインに「SEO」が入っている記事は4件。

これを多いと見るか、少ないと見るか、ですよね。

でも、ここで注意すべきポイントがあります。

それって、ドメインでなくコンテンツが評価されているのでは?

そもそもドメインに「SEO」と入れちゃうくらいなんだから、記事の内容はSEOのことばっかりなはず。

Googleさんは一つのテーマのみについて深く掘り下げているホームページの評価を高くする傾向にあるので、それらのホームページは当然「SEO」と検索されたときの評価は高くなるはずで、

ドメインにキーワードが入っているから検索順位が高い

のではなく、

検索順位の高いサイトはドメインにキーワードを入れていることが多い

にすぎないというのが最有力説であろうとアベユキノは考えます。どや。

トップレベルドメイン(TLD)は何であろうと関係ないよ。

ちなみに、ここまでお伝えしたのは、このホームページでいうところの「plea-mm」について。

トップレベルドメイン(TLD)と呼ばれる「.com」などについては、何であろうがSEO的にはまったく関係ないとGoogleさんが明言しています。

Q: 新しい gTLD は検索に影響しますか?Google は、新しい TLD が有利になるようアルゴリズムを変更しているのですか?検索において、新しい TLD はどの程度重視されるのですか?

A: 基本的に、新しい gTLD も他の gTLD(.com、.org など)と同じように処理されます。検索において、特定の TLD のキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2015/07/googles-handling-of-new-top-level.html

変わりダネでいくと「.みんな」なんていうTLDもあるんだそうで。

ユーザーにどんな印象を与えるかはともかく、SEO的に有利不利というのはまったくないそうですよ。

ここで最初の結論に戻ります。

ユーザビリティの高いドメインって何や(´・ω・`)

じゃあ、ユーザビリティの高いドメインってどんなドメインなのか。

私の思う答えはこちら。

  • 短い。
  • 理解しやすい。
  • 内容を端的に表している。

でしょう。

まずは短いこと。

最悪、手打ちしてもしんどくない長さ。見た目にも短いほうが圧倒的に美しい。

そして理解しやすいこと。

ほとんどの場合ドメインは英語などの外国語にすると思うのですが、いくらカッコイイからって「rendezvous(ランデブー)」なんぞ誰も読めないような単語は百害あって一利なし。

下手したら中二病認定されちゃう案件なので、それはやめておきましょう。

最後はホームページの内容を端的に表していること。

それはつまりホームページのタイトルとニアリーイコール。

パッと見て「これはプレアのホームページなんだな」と分かるドメインがユーザーに親切、ということですよ。

本日のおさらい。

ドメインにキーワードを入れるのは、やらないよりはやったほうがいいかもというレベルで多分有利。

でも、それより大事なことはユーザーにとって親切で分かりやすいドメインであること、という結論です。

現場からは以上です。(*´ω`*)

プレアのすごいところ。

プラン一覧へ

プラン内容を詳しく聞きたい、どのプランがいいのか分からない、とりあえず話を聞いてみたい…
そのお悩み、まずはお問合せを!

営業時間: 平日10:00~18:00(GW・夏期・年末年始特別休業あり)

ページの先頭へ