電話のアイコン 0120-315-886
       メールのアイコン お問合せ
   
メニューを表すアイコン
ホームぺージ制作の種

文章力向上!ブログにも使えるポイント5選

制作に役立つこと

文章力向上のため、気をつけたいこと5選!

今回は、読みやすい文章を書くために気をつけたいこと(というか、私が意識していること)を5つご紹介させていただきたいと思います。偉そうで恐縮です。

 

主語と述語にねじれがないか

これはイチバン大切と言っても過言ではなく、できていないとものすごく目についてしまうポイントです。

たとえば

「私の夢は、看護師になってみんなを助けたいです。」

うぅー!むずがゆいっ(; ・`д・´)

何がおかしいかと言うと、「夢は(主語)+助けたいです(述語)」の関係性。夢が勝手に意志を持って「助けたい」と思っているわけではないですよね。

 

校正するならば

・私の夢は、看護師になってみんなを助けることです。
・私は、看護師になってみんなを助けたいです。

こんなふうに、主語と述語を抜き出して考えると、何がおかしいのか分かりやすくなると思います。

 

主語を省略して良いのは共通認識があるときだけ

日本語が主語を省略できる言語だというのは、ご承知の通りだと思いますが、どんなときでも省略して良いわけではありません。

たとえば

「娘が遊んでいると、夫が帰ってきた。そのとき、突然笑い出したのだ。」

突然笑い出したのは誰?分からないですよね。娘かもしれないし、夫かもしれない。
このように、主語が明確でないときは、きちんとその情報を提示してあげる必要があります。

 

校正するならば

・娘が遊んでいると、夫が帰ってきた。そのとき、娘は突然笑い出したのだ。
・娘が遊んでいると、夫が帰ってきた。そして、なぜか突然笑い出したのだ。(この場合は夫だと明確)

ちなみに、先ほどの例文の前にこんな文章があると、また省略可否が変わります(*´з`)

 

・娘はとても笑い上戸だ。たとえば昨日のことである。娘が遊んでいると、~。

この場合、読み手との間に「笑い上戸なのは娘」という共通認識ができるため、誰が「突然笑い出した」のか、わざわざ書かなくても分かるようになるのです!

 

一文の長さが適切か

書きたいことを考えながら文章にしていくと、ついつい「。」の付け所が分からなくなってしまうもの。

イチバンの解決方法は、「声に出して読んでみること」だと思います。(それが難しい場合は、できるだけ頭をからっぽにして黙読)

たとえば

「私はカレーが好きでよく食べに行くのですが、なかでもカツカレーに目がなく、先日大分市内にあるAというカレー屋さんに行ったのですが、カツとルーのバランスが最高で、3回もおかわりをしてしまいました。」

読みづら…( ;∀;)

 

校正するならば

・私はカレーが好きで、なかでもカツカレーには目がありません。先日も大分市内にあるAというカレー屋さんに行ったのですが、カツとルーのバランスが最高で、3回もおかわりをしてしまいました。

 

同じ言葉を繰り返さない

これには「特別な意図なしに」という補足がつきますね。意味もなく、同じ言葉を繰り返し使ってはいけません。特に助詞と文末。

 

たとえば、3. で出した例文は、「~よく食べに行くのですが、(中略)~行ったのですが、~」と重なっていますよね。これだと、とても稚拙な印象を与えてしまいます。

一文の長さを調節するだけで、だいぶ緩和される部分でもありますので、3. とあわせて意識していきたいところです。

 

リズム感を意識する!

この「リズム感」、むずかしいのですが、身につけると最強になれます。スーパーサイヤ人ゴッド並み。

たとえば

クレジットカードのキャッシング枠現金化が目的と報じられていますが、なるほどよく考えるなぁと変に感心させられます。

これだとダラダラしちゃう

クレジットカードにあるキャッシング枠を現金に変換することが目的と報じられていますが、よく考えるなぁと感心させられます。

違いが分かるでしょうか。(*´ω`*)

こうなると少し冗長になってしまい、言いたいことが頭に入ってきづらくなりますよね。

 

「キャッシング枠現金化」など、可能なものは単語にしてしまうことで、文章構造が単純になり、リズム感が生まれることもあります。一概には言えないんですけどね。

 

とにかく書いてみることが大事

さて、これまでポイントを挙げさせていただきましたが、ズバリ言ってしまえば、一朝一夕には身につかないのが文章力です。(身も蓋もなくてごめんなさい)

とにかく書いて、声に出して読んで、修正して、また声に出して読んで。大切なのは、その繰り返しですね。

 

書いて表現することを楽しみながら、実践を重ねていきましょう(*´з`)♪

アベユキノ
この記事を書いた人
アベユキノ

プレアのすごいところ。

プラン一覧へ

プラン内容を詳しく聞きたい、どのプランがいいのか分からない、とりあえず話を聞いてみたい…
そのお悩み、まずはお問合せを!

営業時間: 平日10:00~18:00(GW・夏期・年末年始特別休業あり)

ページの先頭へ