電話のアイコン 0120-315-886
メニューを表すアイコン
ホームぺージ制作の種

スマホ対応しないとヤバイ!GoogleのMFIって何?

アベユキノ
アベユキノ

MFIって何?

MFI(モバイルファーストインデックス)は、Googleが導入を予定している検索の仕様です。

Gary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏が2016年10月に開催したPubCon Las Vegas 2016で先行発表しており、同年11月4日にGoogleが正式に導入を発表しました。
(引用:乗り遅れるな!Googleが推奨するモバイルファーストインデックス(MFI)の注意点

 

簡単に言うと。

Googleは、「ユーザーにとって有益で、かつ使いやすいサイト」を検索上位に表示しています。(他にも見ているポイントはもちろんありますが)

そして、その「いかに有益で使いやすいか」を判断する際、これまではPCで表示したホームページのみを基準としていたのです。

 

それが、MFI導入後はスマホで表示したホームページをイチバンの基準とするようになるということ。

つまりどんなにPC向けサイトでSEO対策を施していても、スマホ向けサイトがおざなりなら ほぼ無意味。そういうことです。

 

どんなホームページ(Webサイト)がヤバイの !?

1. スマホ非対応のサイト

まず、イチバン危険なのはスマホに最適化されていないサイト

スマホで見たときとPCで見たときの表示が全く同じで、指でピンチして拡大しないとリンクボタンがタップしづらい、アレです。

そもそもMFI以前に、スマホからの閲覧がPCからを超えるのが当たり前になっている昨今、スマホ最適化しないのは機会損失だと思いますが……(´・_・`)

MFI導入後は、Googleさんに振り向いてもらえない存在になっちゃうかも。

YahooもGoogleの検索ロジックを購入しているので、Google・Yahooの2大検索で引っかからないとなると、もはや存在しないのと同じです。うぅ怖い。

こちらは早急に対応すべしと言えるでしょう。

 

2. スマホ対応はしてるけど……なサイト

次に気にしないといけないのは、スマホ表示用に簡易版を作っているサイト

Googleは「そのサイトがユーザーにとって有益か」を見ていますので、内容が薄いと判断されると当然検索順位が下がります。

PC用とスマホ用で別々に更新しなければいけない造りになっていて、めんどくさいからスマホ用は更新せずほったらかし……というパターンも非常によく見かけます。

こちらもかなり危険。早急に対応したほうがいいでしょう。

 

どんなホームページ(Webサイト)ならいいの?

逆に、どんなホームページ(サイト)なら大丈夫なのか。

それは、スマホに最適化されたデザインを持ち、スマホ表示にしたときもPC表示と同じくらい濃い内容があるサイト。

きちんとした制作会社に依頼したレスポンシブデザインのホームページなら、まず大丈夫だと思います( ˘ ³˘)

 

正式な時期は未定なものの、今年中に導入と言われているMFI。目が離せません。

追記
2018.3月、GoogleはついにMFIを正式に始動したことを発表しました。
これによると、モバイルサイトの準備が整ったところから順次適用していくとのこと。検索順位の大幅な変動が起こらないように配慮するとのことですが、どうなっていくのか楽しみですね。

プレアのすごいところ。

プラン一覧へ

プラン内容を詳しく聞きたい、どのプランがいいのか分からない、とりあえず話を聞いてみたい…
そのお悩み、まずはお問合せを!

営業時間: 平日10:00~18:00(GW・夏期・年末年始特別休業あり)

ページの先頭へ