スマートフォン表示にするパソコン表示にする

スマホ対応しないとヤバイ!GoogleのMFIって何? - 戦略企画室のネタ帳

スマホ対応しないとヤバイ!GoogleのMFIって何?

NEW 2017年08月17日公開

こんにちは、プレアメディアミックスのアベユキノです( *ˆoˆ* )

お盆が過ぎ、急に朝晩ひんやりするようになりましたね。もう少し涼しくなってきたら、そろそろチャリ通勤に挑戦しようかな。お盆休みで2キロほど太ったし。

 

さて、本日のテーマはMFI(モバイルファーストインデックス)

MF…? 何それ、美味しいの? とか言ってるそこのアナタ。必読です。

 

MFIって何?

MFI(モバイルファーストインデックス)は、Googleが導入を予定している検索の仕様です。

>Gary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏が2016年10月に開催したPubCon Las Vegas 2016で先行発表しており、同年11月4日にGoogleが正式に導入を発表しました。
(引用:乗り遅れるな!Googleが推奨するモバイルファーストインデックス(MFI)の注意点

 

簡単に言うと。

Googleは、「ユーザーにとって有益で、かつ使いやすいサイト」を検索上位に表示しています。(他にも見ているポイントはもちろんありますが)

そして、その「いかに有益で使いやすいか」を判断する際、これまではPCで表示したホームページのみを基準としていたのです。

 

それが、MFI導入後はスマホで表示したホームページをイチバンの基準とするようになるということ。

つまりどんなにPC向けサイトでSEO対策を施していても、スマホ向けサイトがおざなりなら ほぼ無意味。そういうことです。

 

どんなホームページ(Webサイト)がヤバイの !?

blog0817.jpg

1. スマホ非対応のサイト

まず、イチバン危険なのはスマホに最適化されていないサイト

スマホで見たときとPCで見たときの表示が全く同じで、指でピンチして拡大しないとリンクボタンがタップしづらい、アレです。

そもそもMFI以前に、スマホからの閲覧がPCからを超えるのが当たり前になっている昨今、スマホ最適化しないのは機会損失だと思いますが……(´・_・`)

MFI導入後は、Googleさんに振り向いてもらえない存在になっちゃうかも。

YahooもGoogleの検索ロジックを購入しているので、Google・Yahooの2大検索で引っかからないとなると、もはや存在しないのと同じです。うぅ怖い。

こちらは早急に対応すべしと言えるでしょう。

 

2. スマホ対応はしてるけど……なサイト

次に気にしないといけないのは、スマホ表示用に簡易版を作っているサイト

Googleは「そのサイトがユーザーにとって有益か」を見ていますので、内容が薄いと判断されると当然検索順位が下がります。

PC用とスマホ用で別々に更新しなければいけない造りになっていて、めんどくさいからスマホ用は更新せずほったらかし……というパターンも非常によく見かけます。

こちらもかなり危険。早急に対応したほうがいいでしょう。

 

どんなホームページ(Webサイト)ならいいの?

逆に、どんなホームページ(サイト)なら大丈夫なのか。

それは、スマホに最適化されたデザインを持ち、スマホ表示にしたときもPC表示と同じくらい濃い内容があるサイト。

きちんとした制作会社に依頼したレスポンシブデザインのホームページなら、まず大丈夫だと思います( ˘ ³˘)

 

正式な時期は未定なものの、今年中に導入と言われているMFI。目が離せません。

戦略企画室のネタ帳

私たちにお手伝いできることはありませんか?

ホームページに関するご相談・お問い合わせは、以下のご都合のいい方法で、
どうぞお気軽にお寄せ下さい。

お電話からのご相談

0120-315-886

受付時間 平日 9:30?18:30 夜間・日曜日も事前にご連絡を頂ければ快くお受け致します。

ホームページからのご相談

メールでのご相談はこちら

受付時間 24時間受付中 1営業日以内に弊社担当者よりご連絡いたします。