スマートフォン表示にするパソコン表示にする

介護・福祉事業の勉強中...誰のためのサービスか - 戦略企画室のネタ帳

介護・福祉事業の勉強中...誰のためのサービスか

NEW 2017年06月05日公開

こんにちは、プレアメディアミックスのアベユキノです( *ˆoˆ* )

今日は朝から本を一冊読破。クライアント様からのご相談があり、改めて勉強してみようと思いまして。

hon0605.jpg

Webマーケティングに必要なのは、htmlの知識だけじゃないのです。

もちろん広告の知識だけでもなく。

クライアント様がいる業界で、自分が会社を興したとしても成功できるくらい、まずは勉強することが大事だと思っています。

見識が広がって、楽しいですよ(*´ω`*)

 

誰のためのサービスかを明確にすること

この本から学べることはたくさんあったのですが、どの業界にも共通して言えるのは、まず「誰のためのサービスか」を明確にすること。

それに尽きると思います。

その明確にした先にあるものは、業界によって違うから、毎回勉強が必要なんですけどね。

 

「高齢者」といっても、クラスタは様々。

これは「子ども」事業にも言えることなんですが、一口に「高齢者」といっても状況は本当に様々です。

毎日元気に歩き回る方もいれば、寝たきりという方もいらっしゃる。

まずは、ご自身のサービスがどのクラスタ(もっと言えば「誰」)のためのサービスなのかを明確にすることが大事です。

寝たきりの方のためのサービスであれば、近隣施設への無料送迎はいらないから、その分お布団を高級羽根布団にグレードアップしてください。

そういうことです。

 

サービス付き高齢者向け住宅経営 成功の秘訣25

今日読んだ本はこちら。

著者が経営するフランチャイズ事業の宣伝感は否めませんでしたが、なかなか読みやすい本でした。

ご興味のある方は是非どうぞ。

戦略企画室のネタ帳

私たちにお手伝いできることはありませんか?

ホームページに関するご相談・お問い合わせは、以下のご都合のいい方法で、
どうぞお気軽にお寄せ下さい。

お電話からのご相談

0120-315-886

受付時間 平日 9:30?18:30 夜間・日曜日も事前にご連絡を頂ければ快くお受け致します。

ホームページからのご相談

メールでのご相談はこちら

受付時間 24時間受付中 1営業日以内に弊社担当者よりご連絡いたします。